HOME

トピックス

協会案内

入会案内

出版物

WEC



会員ページ



 
会長メッセージ  事業概要  会長メッセージ  歴史  公開資料  アクセスマップ

  一般社団法人日本動力協会は、現在、100社余りの企業・団体の会員に支えられております。その内訳は、電力、ガス、石油、石炭、原子力を始めとするエネルギー基幹産業はもとより、電機、鉄鋼、商社、建設、研究機関を含め、わが国を代表する企業等の皆様がメンバーとなっております。

  本協会は、戦前、大英帝国博覧会を契機として大正13(1924)年に英国で設立された「世界動力会議」に端を発し創設されました。
この会議に日本から参加した学者・技術者27名を中心に、わが国でも様々な立場からエネルギーに関する福祉の増進に資するための情報交換の必要性が検討され、昭和2(1927)年に日本動力協会が発足しました。

  戦局の悪化に伴い、一時、解散を余儀なくされましたが、戦後、わが国の国際社会への復帰に合わせて、昭和25(1950)年12月、社団法人日本動力協会として、政府の認可を受け発足いたしました。翌年、世界動力会議(現 世界エネルギー会議:World Energy Council)への加盟も承認されました。
  こうした経緯を受け、本協会は、ロンドンに本部を置き世界百数十か国を会員とする世界エネルギー会議(WEC)日本国内委員会の事務局を務めています。
  以降の本協会の歩みは、わが国の高度経済成長と並行して参加いただいた多くの会員企業・団体に支えられ、創設時の理念である『エネルギーの開発及び利用に関する進歩発達を図る』ことを目的とした諸活動を続けてまいりました。
  現在、地球温暖化防止のため「脱炭素社会」の構築が急務となっており、パンデミックの影響も加え、エネルギーの将来は、これまでに無い新たな局面を迎えようとしております。日々のエネルギー情勢に目が離せない時代となったと言えるのではないでしょうか。 本協会としては、こうした動きを注視しつつ国内外のネットワーク強化を図り、情報の収集と発信に努めてまいります。
  皆様には、変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。
 

2021年6月

一般社団法人 日本動力協会 会長
世界エネルギー会議日本国内委員会 議長
廣 瀬  直 己